人から記憶という能力がなくなったら

人から記憶という能力がなくなったら

普通に脳に記憶をされる「記憶」という能力ですが、仮にこの能力がなくなってしまったらどうなるのか?

どんな影響があるのかについて書いてみました。

当たり前が当たり前じゃなくなるって、凄く怖い事の1つですよね…是非ご覧下さい。

吉野式記憶術2.0
無料で体験「魔法のアニメ」

記憶の能力を失う事の深刻さ

人間が記憶という能力を失うと、その影響は非常に深刻です。

記憶は私たちの日常生活、学習、関係構築、文化の継承など、ほぼすべての側面に影響を及ぼします。

記憶力を失うことの主な影響はこちらです。

学習能力の消失

記憶は新しい情報を習得し、それを利用する基盤です。

記憶力がないと、言語・技能・教育などの学習が不可能になります。

更には食事も「これが食べれる」という情報を記憶出来ないですし、お腹が減ったらご飯を食べるという事すら記憶に無いとなると…

想像をするだけでも怖いですね。

日常生活の障害

私たちは日々のタスクをこなすために過去の経験に頼っています。

記憶がなければ、基本的な日常活動(食事の準備、通勤の方法、個人衛生など)を覚えることができず、大きな障害となります。

普通に生活を送る事すら困難という事に陥ってしまいます。

社会的関係の崩壊

人間関係は共有された経験と記憶によって構築されます。

親しい人々や家族、友人との関係は、共有した記憶に大きく依存しています。

記憶がないと、これらの関係を維持することは非常に困難になります。

これは嫌ですね…記憶という能力があって良かったと感じます。

文化的・歴史的連続性の喪失

文化や歴史は、過去の出来事・伝統・知識の蓄積に依存しています。

記憶力がないと、これらの情報を次世代に伝えることができず、文化的アイデンティティや歴史的認識が失われてしまいます

記憶出来ない、その術がないという事は、歴史を後世に遺す事も困難となってしまうんですね。

自己認識の欠如

自己のアイデンティティは過去の経験によって形成されます。

記憶がなければ、自分自身を理解し、自己認識を持つことが困難になります。

自分の事を認識でないというのは、本当に想像もしたくはないですね。

まとめ

記憶は人間の経験を意味あるものにし、私たちが世界とどのように相互作用するかを定義します。

記憶力がなくなると、人間の生活は根本的に変化し、社会や文化の基盤自体が揺らぐでしょう。

幸せな事に、人とは記憶という能力を持っている生き物ですし、その力を少しでも発揮できる様にするのは良い事だと思います。

物忘れや認知症なども、ある種「記憶」という能力が失われていく1つの要因だと思いますので、意識して脳を使い鍛えるのは良い事だと思いませんか?

吉野式記憶術2.0もその有効な手段の1つになると思います。

吉野式記憶術2.0
無料で体験「魔法のアニメ」
TOPページを見る